レインズ

レインズって

 不動産売却を行う際、確実に登録しておきたいといわれているのがレインズ。
 でも、実際は専属選任媒介契約をしても登録していなかったりする事が往々にして有る様です。

 

 では、レインズってそもそも何なのでしょう。
 「レインズとは、Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)の略称で、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピュータ・ネットワーク・システムの名称です。
指定流通機構の会員不動産会社が不動産情報を受け取ったり情報提供を行うシステムで、会員間での情報交換がリアルタイムで行われています。
公益財団法人東日本不動産流通機構は通称「東日本レインズ」と呼ばれています。」(国土交通大臣指定公益財団法人東日本不動産流通機構より抜粋)

 

 要するに、レインズに登録すると、貴方の不動産物件を全国の不動産業者が見る事が出来る様になるという事。
 北海道の業者が東京の物件を探す事も可能になるのです。
 登録すると、全国の不動産業者が貴方の物件を見る可能性が有りますから、登録しておいた方が有利になる訳ですが、登録に関しては貴方が依頼した不動産業者さんのお仕事になります。
 レインズへの登録に関しては、専属専任媒介契約の場合は5日以内・選任媒介契約に関しては7日以内・一般媒介契約に関しては依頼者の任意で行う事が出来ます。
 なお、宅地建物取引業法によって、専属専任媒介契約・専任媒介契約については、指定流通機構(レインズ)への登録が義務付けられていますので、契約を結んだら貴方の物件が登録されているか登録してあるか確認しましょう。
 登録すると、証明書が出ますので、内容に間違いないかもシッカリと確認しましょう。

 

 

媒介契約の種類


 不動産の媒介契約には3種類あります。

専属専任媒介契約

依頼者が他の不動産会社に重ねて媒介を依頼することができない契約です。
また依頼者が自ら見つけた相手方と売買することもできません。
※契約期間3ヶ月
※業務処理状況の報告義務1週間に1回以上

 

専任媒介契約

専任媒介契約は、依頼者が他の不動産会社に重ねて媒介を依頼することができない契約です。
ただし、依頼者が自ら見つけた相手方と売買することはできます。
※契約期間3ヶ月
※業務処理状況の報告義務2週間に1回以上

 

一般媒介契約

依頼者が他の不動産会社に重ねて媒介を依頼することができる契約です。
また依頼者が自ら見つけた相手方と売買することもできます。
近畿レインズ参照
※業務処理状況報告義務は無し